2019.04.30

山本昌のレジェンド解説。
センバツで輝いた好投手8人+佐々木朗希

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

初戦の横浜戦でリリーフし、6イニング1失点と好投した明豊の大畑蓮大畑蓮(明豊/184cm・73kg/右投右打)

「なんで背番号10をつけているの?」と思うほど、能力の高い投手ですね。上背があるだけでなく、真上から振り下ろすダイナミックなフォーム。ボールがよく走るし、見ていて気持ちがいい球筋です。こういう投げ方の投手は縦の変化球がよく落ちます。ひとつ気をつけてほしいのは、顔が「ライン」から外れることがあること。私はピッチャーが投げるときに使う空間の幅のことを「ライン」と呼んでいるのですが、投手はこのラインの中で動作を収めて投げるのが基本だと考えています。大畑くんの場合は、頭がラインからズレるときがあるんです。ホームベースへ真っすぐ向かえるようになれば、もっと安定したピッチングができるようになるはずです。