2019.04.30

山本昌のレジェンド解説。
センバツで輝いた好投手8人+佐々木朗希

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

センバツでは全試合リリーフで登板し、チームの準優勝に貢献した習志野・飯塚脩人飯塚脩人(習志野/181cm・78kg/右投左打)

 センバツではロングリリーフでチームを準優勝に導きましたが、楽しみな素材です。上背はあるし、ゆったりしたフォームで上からボールを叩ける。角度がある上に縦系の変化球が投げやすいフォームです。ストレートの最速は148キロと、スピードがあるのも魅力です。惜しいのは、リリースの際に顔がわずかに一塁側にズレること。この動きに伴って左肩も開きが早くなるので、動きが噛み合わないとストレートのシュート回転が強くなってしまうんです。シュート回転を減らすには、少し顔のズレを気にしてみるといいかもしれません。いずれにしても、スケール感のある好素材です。