2019.04.25

センバツベストナインを選出。
プロの記者たちも唸った最高の選手たち

  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

準々決勝の智弁和歌山戦で先頭打者&サヨナラ弾を放った明石商の来田涼斗■楊順行氏

投手/奥川恭伸(星稜)

捕手/東妻純平(智弁和歌山)

一塁手/桜井亨佑(習志野)

二塁手/表悠斗(明豊)

三塁手/石川昂弥(東邦)

遊撃手/熊田任洋(東邦)

外野手/根本翔吾(習志野)

外野手/来田涼斗(明石商)

外野手/福岡大真(筑陽学園)

 投手は、初戦の履正社戦で自己最速の151キロをマークし、強豪相手に3安打完封、しかも17奪三振の快投を見せた奥川恭伸。大会ナンバーワンという評価にふさわしい投球だった。

 東妻純平が遊撃手から捕手に転向したのは高校入学後だが、捕手としてプロ野球を経験した中谷仁監督にみっちり叩き込まれ、高校を代表するキャッチャーへと成長した。初戦の熊本西戦ではホームランを放つなど、打つでも進化を遂げている。

 一塁は、星稜の奥川から2安打し、準決勝の明豊戦では同点の8回に値千金の勝ち越し本塁打を放った桜井亨佑。昨年秋の大会は背番号15で、決してチームの中心選手ではなかったが、試合を重ねるごとに存在感を発揮。バッティングもさることながら、守備でも好プレーを連発しチームを救った。

 トップバッターとして横浜戦で3安打2打点の活躍でチームに勢いをもたらした明豊の表悠斗をセカンドで選出。明豊は横浜のみならず、神宮大会の覇者・札幌大谷、龍谷大平安と次々と強豪校を破り、春夏通じて初の4強入り。主将としてもチームをまとめ上げた。

 三遊間は石川昂弥、熊田任洋の東邦コンビ。今大会石川はエースナンバーを背負い、決勝では習志野相手に3安打完封の快投を演じたが、森田泰弘監督が「野手では世代ナンバーワン」と言うように野手として選出。

 熊田は東邦の4番として19打数8安打の活躍を見せ、驚くべきは5試合で三振わずか1というミート力の高さ。守備でも抜群の安定感を誇り、センターに抜けそうな打球を何度もアウトにして見せた。

 外野手は根本翔吾、来田涼斗、福岡大真の3人。根本は初戦の日章学園戦で3安打、明豊戦ではダブルスチールで本塁を陥れるなど、走攻守にわたってセンスのよさを見せつけた。

 来田は、なんといっても準々決勝の智弁和歌山戦の先頭打者&サヨナラ弾が印象深い。これは甲子園史上初めてのことだった。高校進学の際、48校から誘いがあったほどの逸材。まだ2年生で、これからの成長が楽しみな選手だ。

 福岡大真の父・真一郎さんは1994年夏、樟南のエースとして甲子園準優勝の経験を持つ。そのDNAを受け継ぐかのように、息子も甲子園で躍動。3試合すべてでヒットを放ち、2回戦の山梨学院戦では決勝タイムリー。江口祐司監督は「夏に向けては、福岡が中心になると思います」と語っていた。