2019.04.24

センバツ優勝の東邦に完投勝利。
中部大一の謎の剛腕は控えめ男子だった

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 中学時代に所属した愛知津島ボーイズでは球速は120キロ台半ばしか出ず、「コールド負けばかり」だったという。東邦の石川は愛知知多ボーイズ時代から「天才中学生」と話題だったが、中学では対戦することすらできなかった。

 日の当たらない時間が長かったせいか、磯貝にはエリートへの対抗意識が強い。

「自分も球のスピードが上がってきたので、どこまで通用するのか試したい気持ちはあります」

 中部大一といえば、OBに中日リリーフ陣に欠かせない存在である田島慎二に、今秋ドラフト上位候補の立野和明(東海理化)と好投手が続出している。佐藤監督は立野の高校時代と磯貝を比較して、こう語った。

「立野は調子にムラがありましたけど、磯貝は安定しています。ただ、ボールのキレは立野のほうが上でしょう」

 磯貝もまた、たまに練習に顔を出す立野のボールを目の当たりにして、「自分にはないキレなので、そういうボールを投げたいです」と大きな刺激を受けている。

 強豪を次々と倒し、中部大一は春のベスト8に進出。夏はシード校として迎えることになった。東邦や愛工大名電らがノーシードに回る今夏は、早くも波乱の予感がする。そんななか、佐藤監督は教え子たちの予想以上の成長ぶりに目を細める。

「これまで力はあっても、試合になると1イニングに大量失点したり、地に足がついていない代もありました。でも、今年はホームランを打てるバッターはいませんが、守りきってくれる。ミスはあっても、ズルズルいかずに踏みとどまる強さがあるんです。この春を戦いながら『こういう一面もあるんだ』と感じています」

 磯貝和賢の開花に引きずられるように、着実に力をつけている中部大一。今夏も台風の目として、愛知で猛威をふるう可能性は十分にある。

関連記事