2019.04.19

山﨑武司が厳選したセンバツの強打者9人。
なかでも絶賛した選手は?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 岡沢克郎、大友良行●写真photo by Okazawa Katsuro,Ohtomo Yoshiyuki

強肩・強打の捕手としてプロからも注目を集める智弁和歌山・東妻純平東妻純平(智弁和歌山/174cm・75kg/右投右打/捕手)

 体は大きくないですが、智辯和歌山のバッターらしく強くバットが振れるのが魅力です。ただ、彼も黒川くんと同様に、体を早めに開いて打ちにいく傾向があります。ユニホームの胸にあしらわれた「智弁」の文字が早くピッチャー側に向いてしまう。甘いボールはつかまえられるけど、打球方向はみんなレフトで、アウトコースは届かない。とくに右のサイドスローに苦手意識があるんじゃないですか。アウトコースに逃げていく変化球には、泳いで当てにいくしかない。まずは真っすぐステップして、体が開くのを一瞬我慢してから回転する。そのスイングを身につけてほしいです。