2019.04.06

未来の名捕手候補がセンバツに集結。
世代No.1の称号は誰の手に?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 山瀬にも「誰にも負けない武器はありますか?」と聞いてみると、「スローイングの強さ」をあげた。

「地肩の強さなら負けない自信があります。捕ってからの速さはまだ練習不足で、ほかにもっと速い選手はいると思うんですけど」

 類まれな肩の強さは、小学4年からバッテリーを組み続ける奥川の影響があるという。

「小学生の頃は僕もピッチャーをやっていたので、『球速でも負けたくない』とキャッチボールの時から張り合っていました。遠投で奥川が届いているのに、自分が届いていないと悔しくて。『奥川より活躍したい』という思いでここまでこられたと思います」

 そう奥川へのライバル心を口にする山瀬だが、いざ試合になると一歩引いた奥ゆかしい女房ぶりを見せる。奥川のリードについて聞いても、「キャッチャーの仕事が少ないのでラクですよ」と自虐的な言葉が返ってくる。

 もちろん、その言葉を真に受けてはいけない。いくら奥川が逸材でも、無神経な捕手がリードして中学時代に全国中学校軟式野球大会(全中)で優勝できるはずがない。山瀬は試合前から奥川のその日の様子をつぶさに観察している。

「ブルペンのボール、表情やしぐさ、長年付き合っているとなにげないところから違いを感じます。言葉には表せられない、自分にしかわからない感覚だと思うんですけど。でも、奥川はブルペンで悪くても、試合になれば悪いなりに修正できるんです。その日その日でピッチングを変えられるから、キャッチャーはラクなんです」

 敗れたとはいえ、習志野戦では事前に意外な対策を練っていた。「美爆音」のキャッチフレーズで知られる習志野の大音量の応援を体感すべく、習志野の初戦(日章学園戦)をバックネット裏で観戦していたのだ。ただ体の強さに頼るだけでなく、山瀬には捕手らしい周到さも備わっている。