2019.04.04

奥川恭伸、石川昂弥、及川雅貴…
スカウトがドラフト候補をガチ評価

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 内野手で名前が挙がったのは、桐蔭学園の森敬斗、八戸学院光星の武岡龍世。ともに初戦で敗れたが、森は3安打を放ち、武岡は攻守で存在感を示した。

「森は体の強さがあるし、スピードもバネもある。打席での立浪和義のような雰囲気があるね」(パ・リーグスカウA氏)

「武岡はグラブさばきや捕球の仕方を見ると、よく練習しているのが伝わる。状況判断のいいプレーもあったし、これからが楽しみだね」(セ・リーグスカウトD氏)

 そして外野手で名前が挙がったのが、187センチ、95キロの履正社・井上広大。

「スケールの大きさが魅力。体は大きいけど、走塁も守備もそこそこやれるし、『大化けしたら......』という"ドリーム枠"で獲りたいね」(パ・リーグスカウトB氏)

 このほか、札幌第一戦で2本塁打を放った山梨学院の野村健太に対しては「スイングはそこまで速くないけど、飛ばす力がある」(セ・リーグスカウトC氏)、日章学園の平野大和については、「体に力があって、脚力がある」と、今後の成長に期待する声があった。

 超目玉の奥川という存在によって盛り上がったが、全体的には収穫は少ないというのがスカウトの印象だった。とはいえ、例年、ここから夏にかけて大きく伸びるのが高校生。夏の甲子園では、昨年の吉田輝星のようにアッと驚くスターが誕生することを期待したい。

関連記事