2019.04.04

奥川恭伸、石川昂弥、及川雅貴…
スカウトがドラフト候補をガチ評価

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 だが、昨年秋の関東大会の春日部共栄(埼玉)戦では、初回に2者連続三振のあとに3連続四球を与えて次打者に走者一掃の三塁打。明豊戦でも3回に8、9番打者に連続四球のあとに4安打を浴びるなど、突然崩れる課題は克服されていない。それでも高い評価を得られるのは、183センチの上背と150キロを超すスピードボールがあるからだ。

「能力は高いし、真っすぐはすごい。体にバネがあって、腕の振りもしなやか。左でこれだけの投手はなかなかいない。菊池雄星(マリナーズ)になれる素材」(セ・リーグスカウトC氏)

「身体能力の高さを感じる。球のキレやスピードはあるので、ピッチングはこれから磨いていけばいい。いつどこで開花するか。自分と向き合ってもらいたい」(パ・リーグスカウトB氏)

 将来性に期待する声が多い一方で、やはり結果を出せないことに首をかしげるスカウトもいる。

「きっかけをつかんだら一気に伸びるはず。ただ、個人的に技術面で気になるところがある。渡辺(智元/前監督)さん、小倉(清一郎/前部長)さんがいなくなって、投手を指導できる人がいなくなったのではないか……。指導にも問題があるかもしれない。出会いは大切だよ」(パ・リーグスカウトA氏)

 素材的には間違いなくドラフト1位クラスだが、今大会で評価が落ちたのは事実。スカウトたちは夏までの成長を期待していた。

 もうひとりの上位候補が東邦(愛知)のスラッガー・石川昴弥(たかや)。今大会はチーム事情で投手も務めているが、打者としてナンバーワンの評価だった。右打ちの大砲として期待される。

「バットの出方がいいから、逆方向(ライト方向)にも大きな打球が打てる。スイングにしなやかさがある。楽しみな素材だね」(パ・リーグスカウトA氏)

「派手さはないけど、スイング軌道がすばらしい。去年の花咲徳栄・野村佑希(日本ハム)と重なる部分が多いね」(セ・リーグスカウトD氏)

「サードを守っているときから投げミスを見たことがない。ピッチャーをしていてもそれが出ている。プロでも十分にサードが務まる」(パ・リーグスカウトD氏)