2019.04.04

東邦センバツVの決め手。習志野の
ツキと勢いを封じた「超前進守備」

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 ところが、そこに東邦の選手がいた。外野は極端な前進守備で、ライトはライトゴロが狙えそうなほど前に守り、センターは浅めかつ右中間に寄っていた。ライトを守る坂上大誠は言う。

「全員でビデオを見て、『このバッターはこう守ろう』と話をします。9番は右バッターで小柄。石川の球の勢いなら、うしろに飛ぶことはないだろうと……。もともと前にいたんですけど、(森田泰弘)監督から『前!』と言われて、さらに前に行きました」

 さすがに坂上自身も「前すぎかな……」と思っていたが、そこに打球が来た。

「ドライブ回転で捕りにくかった」

 変則な打球だったため、定位置から前にダッシュしていたら捕り損ねていた可能性もある。だが、”超前進守備”にしていたことで難なく捕球することができた。ヒット性の打球を2本も阻止されたことで、習志野の球運は尽きたと言ってもいい。小林監督が言う。

「(3対0から)3対1にならなかった時点で負けですね」

 そして5回裏、石川にこの日2本目となる2ランホームランを打たれ、5点リードされた時点で、事実上、勝負は決した。

「ウチにフライボール革命は無理」(小林監督)と、多くの選手がバットを短く持ち、つなぎの野球に徹し、チーム全員が束になって強豪を倒してきた習志野。ツキに加え、大会ナンバーワン投手の奥川恭伸を擁する星稜を破るなど勢いで東邦に挑んだが、最後まで流れを持ってくることはできなかった。

 豪快な2発を放ったパワーに加え、大胆なポジショニングを可能にする球威と制球力。脇役たちが束になって挑んだが、東邦の主役・石川昂弥の個の力にはね返された試合だった。

関連記事