2018.12.08

指導の軸は山本昌の教え。元中日の
辻孟彦はコーチにやりがいを見つけた

  • 高木遊●文 text by Takagi Yu
  • 中西陽香●写真 photo by Nakanishi Haruka

 その一方で、自信を持つことができず、弱気なところがあった。そんな大貫を見て、辻はリハビリ組から一軍に帯同させることを古城隆利監督に進言。会話を重ね、時には「お前はプロになれる」と背中を押した。

 すると、最後の最後で古城監督の後押しもあり、新日鐵住金鹿島から内定を得た。社会人になると自覚が増し、昨年った際には「プロになるための勝負の年です」とはっきり言い切ったことに頼もしさを感じた。こうした内面的な成長を感じ取れるのも指導者の醍醐味である。

 志半ばで現役を引退したが、指導者という道に進み、そこで多くの選手たちから刺激を受け、今では「いつまでもやっていたい」と話す。新たなやりがいをつかみ、向上心は増すばかりだ。そのなかで思い出すのは、山本昌の姿勢だ。「これを忘れずに指導にあたっていきたい」と最後に語った言葉が印象的だった。

「当時、昌さんは大ベテランだったのに、若手の僕らに『いいボールだなぁ。どんなことを考えて投げているの?』とよく聞いてきました。あれはきっと、自分を向上させるために聞いてきたんじゃないかと。だから僕も、現役の時のように『うまくなりたい』という気持ちを忘れずに、常に何かを探していきたいです」

 これからどんな選手を育てていくのか。指導者としての辻に、大きく期待したい。

関連記事