2018.10.25

複数球団が1位指名を公言。
恩師が語る「根尾昂の本当のすごさ」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 その時、根尾に意思を確認したという。本人がキャプテンをしたいと思っているのかどうかを聞きたかったからだ。すると根尾は「キャプテンは中川で、自分は副キャプテンをやらせてほしい。中川ができないことを動き回ってやります」と言ったという。

 あくまでチームのことを第一に考える。ふたりの力がより発揮され、チームとして機能するための並びを考え、そう希望を伝えたのだ。西谷監督が振り返る。

「根尾がキャプテンでも悪くなかったと思いますが、目配り、フットワークの軽さで言うなら、たしかに根尾が副キャプテンとして動き回る方がよかったと思います。本当に目が行き届きますし、自分から動きますから。たとえば、バスを降りて根尾が一番に走っていけば、ほかの選手もつられて走りますし、率先して準備をすれば、ほかの選手もする。常にそういうことができる選手です」

「1位指名の可能性7球団」の報道を見た時、真っ先に頭に浮かんだのは昨年の清宮幸太郎(早稲田実業→日本ハム)ではなく、1995年のドラフトで7球団から1位指名を受けた当時PL学園の福留孝介(阪神)だった。

 根尾と同じく右投げ左打ちのスラッガーで、ポジションも同じショート。体に巻きつくようなスイングから火の出るような当たりを連発。あの打球は今も強烈に頭のなかに残っている。個人的には、これまで見た高校生打者ではナンバーワンと思っている。

 現時点であのレベルにはまだまだ達していないが、福留にないものを持ち、今の時代のなかでこれだけの評価を得るのが根尾である。

 チームを成長させる、チームを変えるために最もシンプルな方法は、いい手本を入れることだ。レギュラーショートの後釜がほしい、打てる内野手がほしいという球団が根尾を獲りにくるのはもちろん、たとえ育ち盛りの内野手がいても「獲りたくなる選手」「獲っておくべき選手」が根尾ではないだろうか。各球団にとって、これからの10年、15年、柱となる人材を得るチャンスが根尾の獲得である。

 果たして、根尾は何球団から指名を受け、どこのチームが交渉権を得るのか。運命のドラフトがまもなく始まる。

関連記事