2018.09.06

大阪桐蔭のレジェンドOB・辻内が
後輩を分析「根尾は二刀流を」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu

──あらためて、今大会全体を振り返っていかがですか?

「各校、好投手が揃っていましたね。一点差の好ゲームが多かった印象があります」

──とくに、金足農の吉田輝星投手の活躍が目立ちましたが。

「大会が始まる前から存在は知っていました。秋田出身の僕の嫁さんから、『いいピッチャーがいるよ!』と聞いていたんです。最初は郷土愛で言っているのだろうと思っていましたが、初めて彼の投球を見たときは球質よさに驚きました。低めの真っ直ぐが落ちずに伸びるのが最大の魅力ですね」

──その吉田投手はもちろん、今秋のドラフト会議では大阪桐蔭からたくさんの選手が指名を受けることが予想されますが。

「そうなるとうれしいですね。でも、プロに入ってからが本当の勝負の始まりです。指名を受けたとしてもそのことを忘れず、体作りをしっかりして入団に備えてもらいたいです」

──今後の母校に対して期待することは?

「大阪桐蔭野球部の伝統を重荷とせず、励みとして継承していってほしいです。背伸びせずに自分たちができる野球を追及していけば、これからも勝ち続けられると信じています」

関連記事