2018.09.05

平田良介も驚く母校・大阪桐蔭の強さ。
「メンバー会が貢献している」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu

──今夏の甲子園では、エースナンバーを背負う柿木蓮選手だけでなく、根尾昂(あきら)選手も素晴らしい投球を見せました。根尾選手はこれから、投手、野手のどちらでいくべきだと思いますか?

「野手ですね。打撃もいいですし、何よりショートでの身のこなしが素晴らしいので」

──平田選手と同じく、4番で外野手の藤原恭大選手の魅力は?

「彼は枚方ボーイズ出身なんですよね。まさに名門出身のエリート(笑)。軸がブレにくいバッティングフォームなので、変化球で崩されても対応ができるでしょう。また、野球センスがある選手だなとも思いました。今大会でも、センター前のヒットを2塁打にしてしまう場面がありましたが、走力を含めて非凡なものを感じます。スター性もある選手ですし、今後が楽しみです」

──そんなチームの主力だった3年生が抜け、新たなスタートを切る母校に対してのメッセージをお願いします。

「贅沢な悩みですが、全国制覇を成し遂げた大阪桐蔭は他の高校よりも遅く新チームが結成されることになります。より追われる立場になりますし、前の代と比べられるプレッシャーもあると思いますが、1日でも早く新チームの和を築いて"自分たちのチームの形"を作っていってほしいですね」

関連記事