2018.08.25

「あの頃の雰囲気に似てきた」
興南の名将が新チームにワクワクしている

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 じつは、この夏を前にして、我喜屋監督は大好きな酒を断ち、1カ月で4キロ体重が落ちた。それによって我喜屋監督の現役時代(24歳当時)と同じになったそうだが、かつての数値に戻したことで闘争心が蘇ってきたのか。それとも、再び全国の頂点を狙えるチームに出会えたことで、68歳の肉体を若返らせたのか。我喜屋監督は言う。

「島袋たちが2年だった頃の雰囲気に似てきたかな」

 いずれにしても、再び全国の頂点を狙えるだけの下地が固まりつつあることだけは間違いない。

◆4人のスカウトが選出。甲子園100回大会ベストナインはこれだ!>>

◆100回大会は目玉不足から豊作へ。ドラフト上位候補は6人いる>>

荒木大輔のいた1980年の甲子園

好評発売中!!

高校野球の歴史のなかでも、もっとも熱く、
もっとも特異な荒木大輔フィーバーの真実に迫る
圧巻のスポーツ・ノンフィクション。

スポルティーバの連載で掲載しきれなかった
エピソードも多数収録されています。

詳しくはこちら>>

関連記事