2018.08.23

2年生投手に実力派がずらり。
スカウトの視線は早くも101回大会

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 それがいざマウンドに上がると、140キロ中盤のストレートが両サイドに決まる。フォームに力感はないが、踏み込んだ左足にしっかり体重を乗せながら腕が振れる。その腕の振りが実にしなやかで、無理して投げている感じがまるでない。ゆったりと美しいフォームこそ、豊かな将来性そのものである。

 このほかにも、日大三の廣澤優は準々決勝の龍谷大平安戦で先発し、148キロをマークするなど潜在能力の高さを見せつけ、近江の左腕・林優樹は魔球・チェンジアップを武器に強打者をキリキリ舞いさせた。また、この夏の甲子園出場は果たせなかったが、大船渡の佐々木朗希(ろうき)は岩手県大会で154キロをマーク。注目度の高さは、甲子園に出た選手よりも上かもしれない。

 はたして、来年のドラフトの主役に躍り出るのは誰なのか。ハイレベルな2年生投手の覇権争いから目が離せない。

◆2ランスクイズでサヨナラ負け。近江が悔やむ心のスキに予兆があった>>

◆2年後のドラフトがもう気になる。ス-パー1年生たちが甲子園で活躍>>

荒木大輔のいた1980年の甲子園

好評発売中!!

高校野球の歴史のなかでも、もっとも熱く、
もっとも特異な荒木大輔フィーバーの真実に迫る
圧巻のスポーツ・ノンフィクション。

スポルティーバの連載で掲載しきれなかった
エピソードも多数収録されています。

詳しくはこちら>>

関連記事