2018.08.18

荒木大輔も圧倒。帰る気満々だった
池田が甲子園の歴史を塗り替える

  • 元永知宏●取材・文text by Motonaga Tomohiro
  • 岡沢克郎●写真photo by Okazawa Katsuro

 準決勝の相手は東洋大姫路(兵庫)だった。1回裏に2点を奪われたものの、2回表に3本の単打を集めてすぐに追いついた。2-2で迎えた6回表には8番打者の木下公司にツーランホームランが飛び出し、4-2と勝ち越す。8回裏に1点を失ったが、最後は畠山が連続三振で締めくくった。

 決勝の相手は広島商業(広島)。準決勝で中京を1-0で下したエース・池本和彦は池田打線が苦手とするサイドスローだったが、試合は初回で決まった。

「1回に6点を取って、もう勝ったと思いました。顔には出せませんでしたけど。ところが、蔦先生はそれまで甲子園の決勝で2回負けていることがプレッシャーになっていたようです。選手は落ち着いているのに、先生だけが舞い上がっていて・・・・・・。『6-0じゃなくて、0-0のつもりでやれ』と言い出しました」

蔦監督は勝利の瞬間も怒っていた

優勝を決めてマウンド上で喜ぶ畠山 早実戦と同様、畠山には「5点以上は取られない」という自信があった。だが、3回裏に1点を失うと、蔦から厳しい言葉が飛んだ。

「『初回の6点はないものと思え。0-1で負けてるぞ。取り返せ』と。ピンチになったら、ベンチの前で蔦先生ひとりが怒っていました」

 5回表に池田が1点を追加。6回表には畠山のホームランなどでさらに7点を入れて試合を決定的なものにした。畠山は、投げては4被安打2失点で完投、打っては2安打2打点の活躍だった。

 畠山が最後のバッターを三振で切ってゲームセット。蔦にとって、初めての日本一だった。しかし、名将に笑顔はなかった。

「蔦先生はベンチの前で『整列せい。早よ、並ばんか』と怒っていました」