2018.08.04

王者・大阪桐蔭の春夏連覇に
「待った」をかけるのはこの5校だ!

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

 ダークホースとして挙がるのが、明治神宮大会準優勝、センバツ8強の創成館。昨秋の神宮大会では大阪桐蔭を破った。大阪桐蔭の現チームに公式戦で土をつけた唯一のチームだ。

 長崎大会のチーム打率は.288と、打力は夏を勝ち抜くには物足りないが、投手陣は充実。

 ドラフト候補にも名前が挙がる185センチの大型左腕・川原陸(りく)に加え、戸田達也、酒井駿輔、伊藤大和(やまと)の右腕3人が控える。伊藤は上手からの140キロに加え、横手からも投げられる。守備も長崎大会5試合で失策1と安定。打線の奮起次第では昨秋の再現も望める。

 春の大阪大会準々決勝では公立の進学校・寝屋川が大阪桐蔭を9回二死まで4対3とリードする大善戦。練習時間が短く、グラウンドは他の部と共用の普通の公立校が「桐蔭相手でもやれる」ことを示した。今夏の北大阪大会では金光大阪が左腕投手と右腕の三塁手を交互に登板させる継投、履正社が公式戦初登板投手を先発起用するなど、各校が”打倒・桐蔭”に策を練っている。

 甲子園でも”対桐蔭用”の奇策を見せるチームがあるのか。正攻法で桐蔭を破るチームが現れるのか。はたまた、大阪桐蔭が王者の貫録を見せるのか。

 松井秀喜氏(元ヤンキースなど)の始球式で始まる特別な夏は、8月5日に開幕する。

野球マンガの名作『プレイボール』掲載中!【無料】

「荒木大輔のいた1980年の甲子園」

絶賛発売中

高校野球の歴史のなかでも、もっとも熱く、
もっとも特異な荒木大輔フィーバーの真実に迫る
スポーツ・ノンフィクション。

詳しくはこちら>>

関連記事