2018.07.07

2度目の春夏連覇へ。大阪桐蔭の名将は
考えぬいた最高の準備をしていた!

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

 こうした悔しさを積み、西谷監督も指揮官としての経験値を上げていった。現3年生は入学時から注目を集めた逸材が揃い、下級生の頃からどこにも負けない経験を積み、チームとしてたくましく成長を遂げてきた。西谷監督にとっても、この夏のチームこそ負けられない、勝たせてやらなければならないチームなのだ。

「僕の中には、勝つべきチームで勝てなかったという思いがずっとあります。その意味でこの夏、このチームで勝つことができるのか。ここは自分自身への挑戦でもあります。今回はその思いがすごくあります」

 いよいよ始まる勝負の夏を前に、西谷監督はこう締めくくった。

「とにかく北大阪を勝って、甲子園100回大会に出場すること。各地区からもそれ相応のチームが揃うでしょうし、例年以上に厚みのある顔ぶれになるでしょう。まさにフルメンバーのバトルロイヤル。そのグラウンドに立って、最後まで生き残りたい」

 西谷監督にとっても越えなければならない夏。2度目の春夏連覇へ、大阪桐蔭の戦いがいよいよ始まる。

◆スカウトが隠したがる2人。岡山、富山に潜む怪腕は甲子園に現れるか>>

◆53歳の山本昌が、突然ピッチング練習を再開。その驚くべき理由は?>>

関連記事