2018.07.05

スカウトが隠したがる2人。
岡山、富山に潜む怪腕は甲子園に現れるか

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 倉敷商には岡大海(ひろみ/日本ハム)というOBがいるが、高校時代の岡は投手としてもプロスカウトから注目されていた。森光監督はその岡と比較して、「身体能力は比べものにならないくらい岡が上。でも、投手としては引地が断然上ですよ」と語る。

 中国大会での宇部工(山口)戦では、6イニングを投げて被安打9、奪三振4、四死球4、失点3と不安定な内容だった。ただ、これでもまとまってきたほうだという。昨年まで好不調の波が激しく、試合を壊すこともたびたびあった。引地本人に尋ねると、「スライダーを改良したことで、試合を作れるようになってきた」という。

「もともと遅くて曲がり幅の大きなスライダーを投げていたのですが、今年に入ってカットボールのようなスライダーを覚えました。速いスピードでバッターの手元で曲がるようなボールです。この球を覚えてからピンチでも粘れるようになって、去年とは全然違う抑えられる感覚が出てきました」

 そう、引地の魅力はその剛球だけではない。130キロ台前半の高速スライダーは、高校野球ではなかなかお目にかかれないキレと迫力がある。

 また、やや力任せに見える投球フォームにしても、本人なりに理にかなった腕の振りを追求しているという。

「中学時代に投げ方が悪くてヒジを痛めたことがあったのですが、それから腕がしっかり振れるフォームを教えてもらって、痛くなることはなくなりました。投げた後のケアは怠っていないですし、今では連投の2日目のほうがムダな力が抜けてコントロールがよくなります(笑)」

 圧倒的な剛球、高速スライダー、そして体躯......。引地の登板を見終わった後、球場で居合わせた知人と酒を酌み交わしながら「いいものを見ましたね」としみじみ語り合った。野球の魅力は「勝った」「負けた」の勝敗だけにあるのではない。引地の凄まじい腕の振りを見ていると、ふとそんなことが思い出されて仕方がなかった。