2018.06.30

大学日本代表にまさかの選出。
2人の小兵が世界を驚かせる

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 一方で、本人が「まだよかった」と語ったように、守備では随所に見せ場を作った。センターへと抜けそうなゴロを二塁キャンバス付近で抑えてアウトにし、ショート後方の難しい飛球も後ろ向きのまま好捕してみせた。米満は「守備範囲の広さは持ち味なので」と胸を張った。

 身長170センチ、体重67キロ。体は小さいが、この選手からはいつもあふれんばかりのエネルギーが発散されている。大学選手権では初戦の立命館大戦で敗れたものの、米満自身は1試合4盗塁の大会タイ記録をマーク。打っても本塁打を含む3安打と大暴れした。

 本人は「目立ちたいというよりは、持ち味なので」と言うが、走攻守に「プロへ行きたい――」という野心が伝わってくる。プロでいえば杉谷拳士(日本ハム)のような存在感がある。

 紅白戦前のシートノックでは、三遊間からのジャンピングスローなど、派手なプレーを見せたが、一方で凡ゴロを2球連続でエラーする”ポカ”も見られた。本人は「緊張してしまって……」と頭をかいたが、いいところを見せたいという思いが空回りしているようにも見えた。だが、米満は大学球界を代表する選手たちに混じっても自分のプレーは通用すると自信を深めたようだ。

「守備も足も自分の武器なので。他の選手と比べて、劣っているとも思いませんでした」

 そんな米満が「スピード感があるし、まだ2年生と聞いて驚きました」と語るのが、同じショートのポジションにいた児玉である。

 身長165センチ、体重60キロ。合宿参加選手で最低身長だが、シートノックから存在感は抜群だった。弾けるような一歩目のスピード、捕球地点にスムーズに入る足運び、正確で強いスローイング。どれを取っても参加選手の中で抜けていた。

 そんな児玉は、合宿初日が終わると同じく九州産業大から招集された先輩・岩城駿也(4年)と野球ファンとの記念写真を撮影する役目を負っていた。まるで大学日本代表候補とは思えない、庶民的な雰囲気だった。