2018.06.06

DeNA守護神直伝のツーシームが武器。
「帝京の後輩」がドラフトへ

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 時間はかかったものの、少しずつイメージに近い軌道で投げられるようになった。1年秋のリーグ戦から使い始め、2年春には先発を任されるようになった。そして秋には完封を含む4勝をマークした。

 3年春は右足甲の痛みでベンチから離れ、復帰は秋までずれ込んだ。それでも復帰戦となった東洋大戦で完封勝利。完全復活を印象づけた。

 そして4年春、優勝こそ果たせなかったが、念願のタイトルを獲得。エースにふさわしい結果を残した。

 清水は山﨑への憧れや慕う気持ちを隠さない。理由は、投手としての実力だけではない。

「去年の僕の誕生日に山﨑さんから連絡をいただいたんです。それだけでもありがたいのですが、その日はクライマックスシリーズの真っ最中で、ちょうど甲子園球場で雨の中、泥まみれになって戦った日だったんです。そんな大変なときに後輩にまで気を遣ってくれるのが山﨑さんです。ファンを大切にしていることで有名ですが、そういうところは本当に尊敬します」

 子どもの頃から、夢はプロ野球選手になることだった。山﨑だけでなく、帝京や国学院大の先輩たちがプロで活躍している姿を見て、思うところはある。

「去年の日本シリーズ第6戦の9回裏、山﨑さんがソフトバンクの内川(聖一)さんに同点ホームランを打たれたシーンを記憶している人は多いと思います。でも僕は、その次のバッターだった中村晃さんとの対戦の方が気になりました。

 中村さんと山﨑さんは入れ替わりですが、2人とも帝京OB。結果は、山﨑さんが三振に打ち取ったのですが、1球で地獄を見たあと、瞬時に切り替えて中村さんとの勝負に集中していました。僕にとっては身近な先輩ですが、戦っている世界はとても遠い。でも、その空間でいつか真剣勝負をしたいです」

 清水にとってこの春のリーグ戦の結果は、大きな自信になったに違いない。その一方で、新たな課題も見つけているはずだ。プロの世界で先輩たちと戦うことを夢見て、最後のシーズンに向けて早くも動き始めた。

◆クビ寸前から虎の大エースへ。メッセンジャーを変えた「ジョーの助言」>>

◆山本昌がセンバツ投手11人を鑑定。「プロでもやれる」と驚くのは?>>

関連記事