2018.05.20

あの明徳スターが「もう野球は
絶対やらない」からプロ再挑戦に至るまで

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • 山田次郎●写真 photo by Yamada Jiro

"甲子園の申し子"。そんな表現もされた岸と野球の間に生た埋められない溝。当然、周囲は引き留めたが、岸本人の気持ちは変わらなかった。そして、3年生の秋に野球部を退部した。

「そのときは『もうプロを目指して野球をやることはないだろう』と本気で思っていました。大学の野球部を退部するときに、グラブやバットもほとんど人に譲りました。それくらい気持ちが野球から離れていました」

 手元に残した野球道具はバット1本のみ。それも「草野球に誘われたときにでも使おう」という理由からだった。この時、"本気の野球"への未練は一切なかった。

 今回の取材にあたり、ひとつ気になっていたことがあった。高校時代、甲子園出場選手が提出するアンケートにある「将来の夢」の項目に、岸が「保育士」と記入していた大会があったのだ。冷静沈着なマウンドさばきとのギャップもあり、高校野球ファンには知られていたエピソードだ。いわばもうひとつの夢とも言える保育士を目指す道は考えなかったのだろうか。

「めちゃくちゃ子どもが好きで、中学校のとき職場体験でお世話になった保育園に『手伝わせてください!』と中学卒業まで通わせてもらったくらい。確かに『やってみたい仕事』でしたが、野球をめて、大学まで退学した自分が『資格を取るために、学校に行きたい』というのは自分勝手過ぎる。迷惑をかけている親に、これ以上の負担をかけることは考えられませんでした」

 一般企業に就職しようと考えが決まり始めていた頃、徳島インディゴソックスの南啓介球団社長から、両親を通じて「アイランドリーグでプレーしてみないか」と連絡が舞い込んだ。

「野球はもうやらない」と決心していたように、当初は断るつもりだったが、環境面、方針について話を聞くうちに、再び野球へと気持ちが傾いていった。自身を思う熱心なアプローチに加えて、「もう一度、野球をしている姿が見たい」という両親の言葉も大きな後押しとなり、挑戦を決意する。