2018.05.07

山﨑武司がセンバツ10人の強打者を評価。
特に「ベタ惚れ」なのは?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

足のケガもあり万全ではなかったが、大阪桐蔭の4番としてセンバツ連覇に貢献した藤原恭大足のケガもあり万全ではなかったが、大阪桐蔭の4番としてセンバツ連覇に貢献した藤原恭大 藤原恭大(きょうた/大阪桐蔭/181cm・78kg/左投左打/外野手)

大阪桐蔭らしく大きくフォロースルーが取れますし、上半身の使い方がとてもうまいですね。下半身をどっしりと構えて、あまり体重移動をせずに、どちらかと言うと上半身で捉える。足も速いですし、とても素晴らしい素材だと感じます。今後に向けてのポイントは、「遊び」。下半身をどしっと固めて、手もあまり動かさない打ち方なので、柔らかさがあまりないのが気になります。どこかで動きに遊びを作ってあげることで柔らかく打てるようになり、変化球に対しても強く対応できるようになるはずです。