2018.04.05

あの公立エースをメジャーも絶賛。
センバツ「発掘されたドラフト候補」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 今年の高校生の遊撃手といえば、センバツ出場は果たせなかったが報徳学園の小園海斗の名前が挙がる。そこで報徳学園出身で近畿地区担当の広島・鞘師(さやし)智也スカウトに「このセンバツで小園に続くショートはいたか?」という質問をぶつけてみた。すると、2人の名前を挙げた。明秀日立の増田陸(178センチ80キロ/右投右打)と延岡学園の小幡竜平(180センチ73キロ/右投左打)だ。

「大胆な動きでイケイケな感じの増田くんと、端正なフィールディングで動きに強弱をつけられる小幡くん。好みが分かれると思いますが、僕なら小幡くんかな。あくまでも好みの問題ですが……。小幡くんの身のこなしのスマートさっていうんですか、ショートを守っている姿にセンスを感じるんですよね。強く投げてないのにスーッと伸びるスローイング。バッティングも、あの細い体で素晴らしく強い打球を打つ。もうひと回り筋肉がついてきたときの伸びしろを想像すると、楽しみの大きな選手だと思うんですよね」

 センバツは「選手の長所が見られればいい」とスカウトたちは口を揃える。その”長所”が夏にかけてどこまで伸びるのか。センバツで見つけた”隠れ逸材”のさらなる成長を楽しみにしていることだろう。

◆センバツ地獄耳。プロ球団スカウトがささやくドラフト候補のナマ評価>>

◆名門進学校・彦根東はなぜ野球で甲子園を沸かせるチームになったのか>>

◆「7番バッター」もドラフト有力候補。そりゃ強いはずだよ、大阪桐蔭>>

関連記事