2018.04.03

センバツ地獄耳。プロ球団スカウトが
ささやくドラフト候補のナマ評価

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大阪桐蔭には、このほかにも柿木蓮、横川凱(かい)、小泉航平、中川卓也、山田健太とドラフト候補が並ぶが「藤原と根尾以外は伸び悩み」という声が多く、現時点で指名確定の評価は得られていない。

とはいえ、「柿木はボールが強いし、角度がいい。真っすぐはしっかりしていた」(C氏)、「横川は長身左腕で手が長いのは魅力。中川と山田はバッティングに光るものがある」(B氏)、「小泉は肩の強さなら今大会ナンバーワン捕手」(D氏)とマークされており、これからの成長や球団の事情によっては指名圏内に入ってくる可能性もあるだろう。

 藤原、根尾に次いで高い評価を受けたのが、智弁和歌山のスラッガー・林晃汰。準々決勝の創成館(長崎)戦では逆方向となるレフトスタンドに飛び込むホームランを放つなど、パワーを見せつけた。

「スイングスピードがすごい。スイングの速さは、今大会の出場選手のなかでは抜けている。右ヒジを手術したわりにはボールもしっかり投げられているし、守備も悪くない」(A氏)

「あれだけのスイングができる高校生はなかなかいない。ただ、なんでもかんでも打ちにいくのがねぇ......バッティングは見極めが大事」(セ・リーグスカウトD氏)

 野手でもうひとり、指名確実の評価を受けたのが明秀日立(茨城)の増田陸。金沢成奉(せいほう)監督の光星学院時代の教え子である坂本勇人(巨人)には及ばないが、高校生野手の評価としては高い。

「格好がいいよね。センスを感じる。タイミングの取り方もうまいし、1球目から振れるというのも魅力。正直、スペシャルなものはこれといってないけど、やるべきことをしっかりやってくれる選手」(C氏)

「バッティングに柔らかさがあって、うまくボールを運ぶ感じがある。守備は決してショートの動きじゃないけど、鍛えればうまくなるでしょう」(B氏)

 大会屈指の強打者と前評判の高かった東海大相模(神奈川)の森下翔太についてはこうだ。

「甲子園では物足りなさがあったけど、まともに当たったときの火の出るような打球は本当にすごい」(A氏)