2018.03.08

タフネス兄弟、DeNA細川成也の弟・
拓哉がセンバツで狙う強豪撃破

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「投手として見た場合、パワー系投手だった兄に対して、僕は球の回転やキレで勝負する投手です。選手としての特長がまったく異なるので、昔からライバルだとか抜いてみせるという気持ちはありませんでした。お互いにどこまでも成長したいと刺激し合ってきた感じです。兄がプロ野球選手になったことは本当に励みになります。兄も僕が甲子園へ出場できて喜んでくれました」

 兄がプロ野球選手になってからはほとんど会う機会がなかったが、年末から年始にかけて細川は久しぶりに兄と再開した。

 兄の体は1年前よりもさらに引き締まっていた。一緒に練習すると、兄の素振りのスイングの音は凄みを増していた。細川がシャドーをすると、兄はじっくり観察して前よりもよくなっていると言ってくれた。

 細川が下半身を重点的に鍛えたいと相談すると、兄はフルスクワットの効果的なトレーニング法についても教えてくれた。年始には競輪選手をしている叔父の家へ行き、兄と一緒にローラーでインターバルトレーニングを敢行した。兄と同じメニューはついていくだけで精一杯だったが、やり遂げた。

 まもなく春のセンバツ高校野球大会が始まる。冬の練習の成果を確認したいと、細川は自分自身に期待している。

「甲子園では評判のいい高校に対しても名前負けせず抑えたいです。僕は秋から成長できているはず。今なら自己最速を更新できると思います。でも、速球とスライダーだけでは厳しい。そこに研究しているシュート系の変化球を生かしたい。球質や技術、すべてが今までとは違う僕を見せることができます」

 細川は高校の間に達成すべきテーマとして、金澤監督と誓っていることがある。

「150キロを超えるストレートを高校生の間に投げること。それもただ速いだけではなく、ストレートとわかっていても空振りを奪えるストレートです」

 目標に到達したとき、細川は再び兄を驚かすことになるだろう。細川の視線はセンバツだけではなく、さらにその先までをしっかりと見据えていた。

◆山崎武司はプロ入り前のDeNA細川成也をこれほどまでに絶賛していた>>

◆センバツ注目の二刀流・大谷拓海は、大谷翔平のことより「打倒・明徳」>>

◆秀岳館から公立の母校へ。古豪復活を期す名将・鍛冶舎巧の強化プラン>>

関連記事