2017.10.26

ドラフトもう1人の逸材、安田尚憲は
「松井秀喜さんを目指したい」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito

 その清宮とバッティングについて話すことはあったのだろうか。

「バッティングについて聞いたら、大事にしているのはトップの位置だけと言っていました。でも、そこもそれほど深くは考えていないと。いろんなものが体に染みついているんでしょうね」

 安田も清宮と並びスラッガーと評された逸材だ。飛距離についてはどう感じていたのか。

「しっかりとらえたときの当たりはあまり変わらないと思いましたけど、清宮は長打になる確率が高い。僕はライナーとかゴロが結構多いのですが、清宮はアウトになるにしてもフライが多い。もちろん確率よくホームランを打ちたいですけど、タイプが違うので......。自分の打球でホームランを打てればいいと思っています」

 安田の頭にあるのは、憧れのアーチスト・松井秀喜(元ヤンキースなど)の弾道だ。

「強く憧れを持つようになったのは高校に入って、動画で松井さんのホームランの映像を見るようになってからです。あの飛距離とライナーのまま突き刺さっていく打球に、『自分もこういうホームランを打ちたい』と思うようになっていきました」

 昨年までの安田の打球は圧倒的に右方向が多く、そういう意味でも松井の印象が強かった。それが今年に入ってから左方向の打球が増え、スイングも柔らかくなり、うまさも加わった感じがする。イメージは履正社の先輩であるT-岡田(オリックス)に近い。

「去年の秋以降からずっと逆方向(左方向)を意識してやってきたんですけど、この夏は意識せずに来たボールに対して素直にバットが出るようになりました。理想はバックスクリーンに飛ぶ打球で、タイミングが早くなるとライトへ、少し差し込まれるとレフトにいく。そういう形ができるようになってきたのかなと思います」