2017.10.24

体育会系には見えない170cmの
ドラ1候補・東克樹はここがすごい

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 変化球はスライダーと、本人がいま一番自信を持っているというチェンジアップ、そしてカーブ。2年秋を境に、ストレート、変化球の精度が上がり、少年時代から苦労したことがないというコントロールに磨きがかかった。東自身も制球力については自信を持つ。

「身長のおかげですかね。全体的にコンパクトな分、バランスが取りやすく、体が扱いやすいですから。ある程度、投げたいところに投げられる自信はあります」

 少年時代から憧れてきた石川雅規(ヤクルト)や、同学年で「刺激を受けている」と話す田口麗斗(巨人)の投球に、「やはりプロでもコントロール」の思いを強くしたという。とはいえ、不安がないわけではない。

「僕もコントロールがいいと言われていますが、どこまでプロで通じるかはわからないので......。投げてみてからです」

 これまでもプロへの抱負を聞いたときなどは、一貫して慎重な発言を続けてきた。その理由として、ふたりの先輩が大きく影響している。

 ひとりは、愛工大名電の1年先輩である濱田達郎(中日)。高校時には藤浪晋太郎(阪神)や大谷翔平(日本ハム)らと"BIG3"と並び称され、中日にドラフト2位で入団した逸材だ。しかし、プロ入り後は故障に悩まされ、今季から育成契約となった。

 もうひとりは、立命館大の2年先輩で巨人から1位指名を受けて入団した桜井俊貴だ。こちらも大学時代は絶対的エースとして君臨していたが、入団してから2年間はプロの壁に苦しんでいる。

「すごさを知っているだけに、あれだけの人たちでもこれだけ苦労するんだと。リアルに厳しい世界だということをホントに感じています。そういうのもあって、自分も上でやりたい気持ちがあっても、なかなか自信を持てませんでした」