2017.10.23

あえて関西のマイナー大学を選んだ男が
「低い構え」でドラフトを待つ

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 代表チームでは「2番・サード」がほとんどだったが、酒井監督は「勝負強さが宮本の持ち味で、順調に育っていけばプロで6・7番あたりを打つイメージがある」と言う。幅広く起用できる選手として、プロの世界でも自分の働き場所を見つけていくはずだ。

 この秋のリーグ戦は腰を痛めて欠場することもあったが、DHとして復帰し通算100安打を達成すると、その後はショートに戻り、本来のプレーを披露。宮本は、近畿学生リーグはもちろん、関西の大学の野手代表として戦う思いも強いという。

「最近は関西の高校で活躍した選手、特に野手はほとんど関東の大学へ行きますから。寂しいことですし、関西の大学の野手でもプロの世界でやれるというのを見せたい。その気持ちはかなりあります」

 自らの意思で道を切り拓き、ここまでたどり着いてきた男だけに、その思いに大きな期待をかけたくなる。そして宮本はこう力強く語った。

「厳しい世界なのはわかっていますが、力をつけてプロで首位打者を獲れる選手になりたいです」

 そのためにどこのチームに入るのかも重要になる。誰もが直したくなるというバッティングフォームを理解し、積極的に起用するチームに入団できれば……倉本寿彦(DeNA)、源田壮亮(西武)、京田と続いている新人野手の活躍の系譜に、宮本が名を連ねたとしても決して驚かない。

■高校野球他 記事一覧>>

関連記事