2017.10.20

山﨑武司のドラフト注目打者10人。
思わず「育てたい」と言ったのは?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行、田口有史●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki、Taguchi Yukihito

U18のW杯でも活躍した履正社のスラッガー・安田尚憲安田尚憲(履正社高/三塁手/右投左打)

高校生とは思えない完成度の清宮くんとは対照的に、彼は「未完成」の大器と言えるでしょう。体が大きくてパワーがあり、バットを強く振れるという魅力があります。プロで鍛えがいのある打者ですね。彼の打撃を見て感じるのは、投球に対する踏み込みが浅いこと。まだ自分のタイミングで呼び込めていないから、受けて立つ形になっています。とくに下半身と上半身のタイミングが合っていないので、開きが早い時がある。現在の打ち方では、左投手に対応するのが難しそうです。プロでレギュラーを奪うには、まずこの点から克服していくべきでしょう。上の世界ではしばらく苦労するでしょうが、むしろこれくらい粗削りなほうが成長する楽しみがありますね。馬力に関しては清宮くんより上なのではないかと思います。