2017.10.06

高校野球の強豪校OBで
プロ野球チームを組んでみた! PL学園編

  • text by Sportiva
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro


【理想の打順】
1番 松井稼頭央(両)
2番 宮本慎也(右)
3番 立浪和義(左)
4番 清原和博(右)
5番 福留孝介(左)
6番 加藤秀司(左)
7番 今岡誠(右)
8番 木戸克彦(右)
9番 新井宏昌(左)

 スタメン9人中7人が名球会という超豪華打線が完成。大技、小技を絡め、どこからでも得点できるのが最大の強み。控え組も強力で、吉村禎章、小早川毅彦、片岡篤史を筆頭に好打者がズラリ。まさに圧巻の布陣だ!


【控え投手】
◆前田健太(ドジャース)
◆尾花高夫(元ヤクルト)
◆野村弘樹(元横浜)
◆橋本清(元巨人ほか)
◆金石昭人(元広島ほか)
◆入来佑作(元巨人ほか)
◆前川勝彦(元近鉄ほか)
◆朝井秀樹(元巨人ほか)など

 メジャーで2年連続2ケタ勝利の前田健太をはじめ、尾花高夫、野村弘樹、前川勝彦と各チームでエース経験者が揃う。リリーフ陣も金石昭人、橋本清と”勝利の方程式”を担った投手がおり、継投策もバッチリ!


【控え野手】
◆吉村禎章(元巨人)
◆金森栄治(元西武ほか)
◆小早川毅彦(元広島ほか)
◆片岡篤史(元阪神ほか)
◆坪井智哉(元阪神ほか)
◆サブロー(元ロッテほか)
◆今江年晶(楽天)
◆田中一徳(元横浜)など

 現役時代、チームの主力だった選手が揃い、レギュラー陣との差をまったく感じさせない。代打の切り札的な選手が多いなか、甲子園で松坂大輔を苦しめた田中一徳を足のスペシャリストとして起用してみるのも一興。

◆高校野球の強豪校OBでプロ野球チームを組んでみた【大阪桐蔭編】はこちら>>

◆高校野球の強豪校OBでプロ野球チームを組んでみた【横浜高校編】はこちら>>

■丸ごと1冊『プロ野球プレイボーイ』(発売中)の詳細はこちら>>

プロ野球記事一覧>>
■高校野球 記事一覧>>

関連記事