2017.09.30

来季ドラフトへ「埼玉にダルビッシュ
2世がいる」情報を確かめてきた

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 米倉のなかに投手としての闘争本能が宿るかどうか……。現段階でもプロ垂涎の逸材であることに間違いない。だが、ドラフト1位で指名されるほどの存在になるには、越えなければならないハードルはたくさんある。

「今年は夏の暑いなかで1日も休まずに練習して、球のスピードやコントロールが変わってきて、夏の練習試合で東海大菅生を相手に初めて9回を投げることができて(1対4で敗戦)、少しずつ自信がついてきました。これからはランナーが出ても焦らず本来のピッチングをすること。キャッチャーの配球の意図を理解できるようにすることを課題にしていきます」

 最後に自身の課題を口にした米倉貫太。一回りも二回りも大きな存在感をまとって春のマウンドに帰ってきたそのとき、来秋のドラフト戦線は大きく動き始めるに違いない。

■高校野球 記事一覧>>

関連記事