2017.09.20

山﨑武司が分析する「甲子園
100回大会で見たい2年生スラッガー」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

興南戦でセンター左に豪快な一発を叩き込んだ智弁和歌山・林晃汰林晃汰(智辯和歌山高2年/右投左打/三塁手)

甲子園の左中間スタンドに放り込んだ本塁打を見ましたが、思わず「すげぇな」とつぶやいていました(笑)。自分のポイントまでうまく引き込んで打っていましたね。ただ、タイミングが合っているときはいいのですが、球が速かったり、キレのある投手に対しては自分でつかまえにいく傾向があります。今は高校生離れしたパワーで対応できるでしょうが、上体のあおりが大きいので、さらに上のレベルになればミスショットも増えるでしょう。今後は体にキレが出てくれば、バッティングが変わってくるはず。瞬発力が増せば、もっと安定して力が発揮できるようになるはずです。