2017.08.26

今夏は2年生が凄かった。
甲子園で光った100回大会の主役候補たち

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 一方で、大会が始まって「こんな選手がいたのか!」と、あらためて"スーパーミレニアム世代"の奥深さを見せつけられたのが、この3人だ。

 まずは、聖光学院のセカンド・矢吹栄希(やぶき・はるき)。

「こんなうまいセカンドいたんだ......」と昨年の記憶をたどっても思い当たらないので、メンバー表を見たら"2年生"だったから驚いた。

"常勝・聖光"の内野手で、しかも打順は上位。そんな重責を担っているのだから、プレーは慎重で、堅実な野球をするのだろうなと勝手に想像していたら、とんでもなかった。こんなに奔放なプレーをする二塁手は、なかなかお目にかかれない。「エラーをしないように......」とか「失敗しないように......」といった"守りの姿勢"がまるでない。矢吹のスタイルは守備でも攻撃でも、とにかく攻める。

「こっちに飛んできそうだ」と思ったら迷わずポジショニングを変え、そこで悠然と待ち構える。読みの確かさと華麗なフィールディング。さらにスナップスローも鮮やかにこなすなど、基本の技術もしっかり身につけている。

 バッティングでも、ショートバウンドになりそうな変化球はじっくり見極めるものだが、矢吹は積極果敢に打ちにいき、バットのヘッドをタイミングよく返して内野手の間を抜いていく。

「やれる!」という自信と、高度なプレーをイメージ通りに体現できる体の柔軟性とメカニズム。勝負度胸というよりは"怖いもの知らず"。おそらく今は、この表現の方が合っているだろう。

 新チームとなり、常勝・聖光の攻守の大黒柱となっていくはずだ。"勝利"を意識するあまり、伸びやかなプレーがしぼんでしまうことのないように......。