2017.08.21

スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。
このうちドラフト指名は?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 右腕では、大阪桐蔭の徳山壮磨。センバツ優勝投手らしく、貫禄が出てきた印象だ。

「ひとりだけレベルが違ったね。制球力抜群で、ボールにラインが出ている。センバツで優勝して風格が出てきたね」(セ・リーグ球団スカウトC氏)

「スピード重視にならず、両サイドのコーナー、低めを丁寧に突く大人のピッチングをしている。素材は図抜けていないけど、投球の中身がいい」(パ・リーグ球団スカウトD氏)

 リリーフタイプで名前が挙がったのが、今大会最速となる150キロをマークした花咲徳栄の右腕・清水達也だ。

「145キロ以上出るし、コントロールも悪くない。(アーム式で)フォーム的に心配な部分はあるけど、あの投げ方はフォークがよく落ちる。伸びしろという部分では疑問符がつくものの、実戦的で完成度の高いピッチャー。短いイニングなら使えると思います」(スカウトA氏)

 以上が、多くのスカウトが声を揃えて高く評価した投手たちだ。このほかにも、楽しみなの名前が挙がっている

 大会ナンバーワン左腕と前評判の高かった木更津総合の山下輝は、初戦で敗れたものの、187センチの長身から140キロ台中盤をマークした素材に注目が集まった。

「大型左腕だけど、フォームもコントロールも安定している。スライダーもいいし、なにより野手から転向してまだ1年しか経っていない。なので、完成度という点ではまだまだだけど、伸びしろに期待したい」(セ・リーグ球団スカウトE氏)