2017.08.20

甲子園でうまくなる
明豊の2年生スラッガーに、
ソフバン柳田も熱視線

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「以前は、高めの球や甘い球を力だけで打つバッティングが多かったのですが、甲子園に来てからしっかりとコースにきた球を持っていけている。マークが厳しくなってきているなか、相手投手が決めにきた球を仕留められるのだから素晴らしいですよ」(赤峰部長)

 その浜田に対して、プロのスカウトはどう見ているの。日本ハムで九州地区を担当している原田豊スカウトは次のように語る。

「打撃能力は極めて高い選手です。差し込まれても腕をたたんでスタンドまで運べる。リストの強さと柔らかさを備えているのは間違いありませんが、インコースの球をしっかりさばいてレフトスタンドに、しかも無意識にできている。そこに非凡さを感じます。また、レフトだけでなくセンターやライトを守れるようになったり、盗塁ができるようになったりすると、いよいよ目が離せなくなってくる。いずれにしても、来年のドラフトの注目選手であること間違いありません」

 甲子園で得た自信を胸に、今宮や柳田も惚れ込んだ逸材のますますの成長を期待したい。

■高校野球 記事一覧>>

関連記事