2017.08.17

プロも騒然。広陵・中村奨成への
7つの質問から探る「捕手の資質」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 中村本人にこの二塁封殺について聞いてみた。すると中村は事もなげに「体が勝手に反応しました。全部殺しにいくつもりで準備しています」と答えた。そこで、「あんなプレーはよくあるのですか?」と質問を続けると、中村は「そうでもないですけど、3試合に1回くらいですかね」と言った。

 あまりにもサラリと口にしたが、「3試合に1回」もバントで二塁封殺をする捕手など、本当にいるのだろうか。だが、高田と吉岡の二遊間コンビに確認してみても「それくらいはあります」と証言した。実際のところはわからないが、本人たちの間でそんな印象を共有しているのは確かだ。

 遠投120メートル、二塁送球の平均タイムは1秒85。あるスカウトは「ドラフト上位で消えるでしょう」と話した。それは誰もが納得の評価だろう。あとは、「中村がプロのレギュラー捕手になれる素材なのか?」という点に興味が移る。

 いま、NPBを見渡してみても、押しも押されもせぬ日本一の捕手という存在はいない。かつての古田敦也(元ヤクルト)や城島健司(元ソフトバンクほか)のような、打ってよし、守ってよしの花形捕手が見当たらない状況が続いている。

 その一方で、せっかく打撃力、肩力、走力のある捕手をドラフト指名しても、早々に「捕手適性がない」と烙印を押され、野手に転向するケースも多くみられる。もし中村がプロ入りしたとして、その轍を踏む可能性もあるだろう。それだけ魅力的な身体能力の持ち主なのだ。