2017.03.28

ドラフト1位は清宮と安田だけか?
スカウトが語るセンバツの逸材

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 この2人に続くのが、福岡大大濠の捕手・古賀悠斗だ。

「大会ナンバーワン捕手は古賀。捕ってから時間はかかるけど、肩がいい。タイプ的には中村悠平(ヤクルト)でしょう」(スカウトB氏)

「元ショートだけに、5番目の内野手みたいだよね。キャッチャーであれだけ動けるのはたいしたもの。肩は強いだけじゃなく、コントロールがいい」(スカウトA氏)

 今大会では結果を出せなかったが、宇部鴻城のショート・嶋谷将平の評価も高かった。

「守備力が高い。フットワークがいいから守備範囲が広く、スローイングもいい。プロでもショートをやれるでしょう」(スカウトC氏)

 この4人以外に評価されたのが140キロ中盤から終盤の速球を披露した日大三・櫻井周斗、熊本工・山口翔、秀岳館・川端健斗の3投手。昨秋の東京大会で清宮から5三振を奪った左腕の櫻井は、今大会でも安田から3奪三振と力を見せた。

「スライダーは高校トップレベル。武器になる変化球、ウイニングショットがあるというのは強みだね」(スカウトA氏)

「気合いが入るとすごい球がくるけど、まだ勢いだけで投げている感じがする。フォームが安定していないのが気になるね」(スカウトD氏)

 右腕の山口は148キロをマークしたものの、8四死球と制球難を露呈してしまった。

「サイズ(181センチ、75キロ)はあるし、速い球も投げられる素材型。まだ完成度は低いけど、究極的によくなれば伊藤智仁(元ヤクルト)のような投手になれる」(スカウトC氏)

「まだ体の線が細く、自分を操りきれてない印象がある。それでもあれだけのスピードを出せるのは素材のいい証拠。3位ぐらいで獲る球団もあるかもしれないね」(スカウトE氏)