2017.03.28

ドラフト1位は清宮と安田だけか?
スカウトが語るセンバツの逸材

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 1年生時からマスコミの注目を浴び、高校生ながらスポーツ紙の一面を飾ることも珍しくない。スター性と人気もスカウトたちの高い評価につながっている。ただ、打撃に関しては絶賛のコメントが並ぶが、守備と走塁に関してはスカウトたちも苦笑いを浮かべる。

「ファーストしか無理でしょう。足も遅くはないんだけど、全力で走らないんだよねぇ……」(セ・リーグ球団スカウトE氏)

 それでも欠点を補って余りある打撃力とスター性。プロ志望届を出せば、今秋は”清宮ドラフト”となりそうだ。

 清宮と並び評される安田も、堂々の1位候補に挙がる。

「高校生の野手でスラッガーというのは毎年出るものではないから貴重。あの体(188センチ、95キロ)でもちゃんと動けるし、スローイングもいいので、プロでサードも守れる。岡本和真(巨人)よりは上でしょう」(スカウトC氏)

「ビュンと振って飛ばすのではなく、ブワーンと振って飛ばす山崎武司(元中日など)のようなバッティング。柔らかさもあるし、まだまだ伸びる」(スカウトE氏)

 その一方で、こんな声もある。

「初戦はボールを追いかけるようなスイングをしていた。バットをボールの軌道に入れるのではなく、捕まえるような打ち方。打撃も守備もまだ穴が多い」(スカウトD氏)

 スカウトによって多少意見の違いはあるが、1位指名の12人には入ってくる逸材であることは間違いない。