2017.03.25

「ゲームセットのはずが…」。
明徳義塾・馬淵監督が悔やむ2つの誤算

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「ロースコアにはならんでしょう。今年はウチも、打戦に手応えがあるんです。ここ数年、7番、8番、9番の下位打線は"試合進行係"みたいな選手が多かったんやけど(笑)、今年は下位打線もつながりが期待できる。チームで一番のバッターは3番に置くのが現在の野球の定石。早実さんが清宮なら、ウチは西浦(颯大)。そこは動かせないでしょう。高校野球で意外と重要なのが6番打者。ランナーがたまった状態で6番が打てばビッグイニングになるし、さらに7番が続けば9割方、試合には勝てる」

 早実との試合序盤は、馬淵監督にとって理想的な展開だったかもしれない。1回裏の攻撃で、二死満塁から"6番"の今井涼介が2点適時打を放ち、さらに7番近本攻生のライト前ヒットで計3点を先制する。

「そのあとがいかんかった。すぐに早実に1点を返され、ウチは追加点が奪えなかった。打撃戦になると思っていたけれども、ロースコアで進んだことも誤算やった」

 注目の打者・清宮には第1打席にセンター前ヒットを打たれたが、第2打席から第4打席まではアウトコースに徹底してボールを集め、安打を許さなかった。

「北本は1球も(得意の)カーブを投げていないんですよ。カーブが抜けて、真ん中低めに入るのが怖かった。スライダーにキレがあったら投げさせるんですけど、そこまでのキレがないんでね。清宮の振りはさすがやね。(2打席目の)センターフライなんて、最近の高校野球では見たことがないぐらい高く上がりましたから」