2016.11.01

清宮幸太郎に真っ向勝負。
関東一・高橋晴との「全打席」レポート

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 ここまで3打席を終えて無安打。四球が1つあるため、「抑え込んだ」とは言いがたいが、これほど清宮が打撃をさせてもらえないのは非常に珍しいことだった。

 だが、高橋と清宮の対決はこの3打席目が最後になった。高橋が6回5失点でノックアウトされたためだ。清宮にはヒットを許さなかったものの、続く4番・野村大樹(1年)は1安打2四球と全打席出塁させてしまった。「清宮だけに集中し過ぎないようにしたい」と言っていた高橋だが、実際には清宮以外の選手に打ち込まれた。

 関東一の米澤監督は、この日の高橋の投球をこう振り返った。

「清宮くんに対する集中力は良かったです。あれだけ外と内に散らせば、どんな打者が相手でも基本的にピッチャーが有利ですから。でも、全体としては良くなかった。清宮くん以外の打者に対してのコントロールが良くなかったですね。清宮くん一人を抑えても、早実の打線全体を抑えないと勝てません。でも初回の先頭打者から、高橋は清宮くんのプレッシャーを感じていたのでは。やっぱり彼の存在は大きいですよ」

 エースが降板した関東一は、打線も早実の1年生右腕・中川広渡に6回無失点に封じられるなど沈黙。1対8と大量リードを許した9回裏に3点を奪い返したものの、4対8と完敗を喫した。

 この日の清宮は、4打席目はレフトフライ、5打席目は死球。3打数0安打と、公式戦で初めてノーヒットに終わった。試合後、報道陣からその質問が飛ぶと、清宮はあらかじめ予測していたのだろう。苦笑い混じりにこう語っている。