2016.08.17

長島三奈「取材した球児が指導者で
甲子園に。そんな再会がうれしい」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva 露木聡子●撮影 photo by Tsuyuki Satoko


――今も地方大会に取材に行かれているそうですが、今年はどちらのほうへ行かれたのですか。

「ありがたいことにテレビ朝日の系列局にいろいろ声をかけていただいて、今年は栃木に始まり、岐阜、鹿児島、大分、福岡、青森、愛媛に行きました。『熱闘甲子園』を離れてからも、毎年同じような夏を過ごしていますね。訪れる県は毎年、少しずつ変わりますが」

――今年の取材で何か印象に残るエピソードはありましたか。

「2年前に鹿児島のとある連合高校に行きまして。そこの野球部は3年生1人、あとは1年生だけで。キャプテンのインタビューが終わったあと、ある1年生の姿が目に止まったんです。高校から野球を始めた彼はずっとトスバッティングをやっているのですが、1球もバットにボールが当たらないんです。コーチが打ちやすいよう投げているのに......」

――フリーバッティングではなく、トスバッティングですよね?

「トスバッティングです。ボールには当たらないんですけど、ずっと必死にバットを振っているんです。その1年生が最上級生になった今年、再度取材に行ったんです。当時の彼がいるか、心配していたのですが、野球を続けていたんです。もう、それだけでうれしくて。

 グラウンドで彼の練習を見たのですが、全然フォームが違うんです。もうカッコいいんです。フリーバッティングをやっても、ボールが前に飛ぶんです。ああ、選手になってる......」