2016.08.17

160センチの大エース、
日南学園・森山弦暉は「怪物」に迫れるか?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「森山は思ったことをズバズバ言ってきます。僕が練習試合でエラーを連発したら『マジ、知らんぞ?』と(笑)。試合中でもマウンドから『オイ!』と怒鳴ってきますから」(石嶋)

 ストレートの球速はほとんど120キロ台。スピードはなく、角度もない。それでも、森山には類まれなコントロールのよさと勝負強さがある。今夏の甲子園初戦で対戦した八王子(西東京)の2番打者・竹中裕貴は言う。

「120キロくらいでも、もうちょっと速く感じるし、思った以上にキレがありました。コントロールもすごくよくて、自分たちの野球ができず、相手のペースになってしまいました」

 前出の石嶋は、八王子戦で実に11個ものショートゴロをさばいている。ノーエラーで処理できた要因のひとつに「森山のコントロールのよさ」があるという。

「テンポがいいので、すごく守りやすいんです。どんどん投げるし、初球からストライクを入れてくれるし、コントロールがいいから打球方向が予測しやすい。一歩目のスタートが切りやすいので、打球に追いつくことができるのだと思います。今日はもう、『オレのとこに打ってこい!』という感じでした」

 八王子戦は8回を投げて4安打無失点。2回戦の市和歌山(和歌山)戦では2回途中からリリーフして7回2/3を7安打1失点。2試合連続の好投で、チームをベスト16に導いた。