2016.07.20

清宮だけじゃない。早実・金子銀佑の「超高校級守備」を見逃すな

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 このプレーの価値ははかり知れない。まず、勝ち越し点を奪った直後の大事な守りの先頭打者だったこと。そして、この回からリリーフの服部雅生(2 年)がマウンドに立っていたこと。しかも、服部は右肩痛からの病み上がりということもあり、投球練習から本来のボールの勢いが見られなかった。そんな不安 な立ち上がりを金子が救ってみせたのだ。ただの"ワンアウト"ではなかった。金子は言う。

「守備は自分の持ち味なので、『守りでみせてやろう』という思いはあります。あの場面、まず打球を止められたことが大きかったです。アウトにできてよかったです」

 試合はそのまま6対2で早実が快勝。金子は人懐っこい丸顔をほころばせつつも、「目の前の一戦一戦を泥臭く、勝つことにこだわっていきたい」と兜(かぶと)の緒を締めた。その一方で、清宮はこんなことを言っていた。

「金子さんはよくミーティングで『打てなくても全員でカバーしよう』と言ってくれています。金子さんもずっと打てるわけではないので、そのときはみんなでカバーしていきたいです」

 そして迎えた5回戦。早実とともにノーシードながら、強打線で勝ち上がってきた国士舘が相手だった。この試合、清宮が有言実行とばかりに高校通算53号となる2ラン本塁打を右翼スタンドに運び、試合は早実の優勢のまま進んだ。

 ところが、4対0と早実リードの7回裏にアクシデントが起きる。4番・野村が放った強烈なライトライナーに、飛び出していた三塁走者の金子が慌てて帰塁。その瞬間、金子の顔が苦悶に歪んだ。