2016.07.20

清宮だけじゃない。早実・金子銀佑の「超高校級守備」を見逃すな

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 金子のゴロ処理は、確かに捕球してから投げ終えるまでのス ピードが速い。特に三遊間の深い位置からのスローイングでは、多くの選手が右足で踏ん張って遠投するところ、金子は足を止めずに素早い動きでスローイングに移る。時に雑に見えてしまうこともあるが、本人が「正確さも求めています」と言うように、「速さ」と「確実性」の妥協点を極限まで追求しているのだろ う。

 今夏の西東京大会4回戦、早実は古豪・明大明治と「早明戦」を戦った。早実にとって、2年生の好投手・柳澤憲人を擁する明大明治は今夏の「最初のヤマ」になると見られていた。

 早実打線と対峙した柳澤は言う。

「清宮と野村(大樹/1年)の3、4番ばかりが注目されていますが、僕は金子さんあっての早実だと思っていました。守備がうまいのはもちろんですが、バッティ ングも一番うまいと思います。変化球でタイミングを外しても軸がブレなくて崩れないし、何を投げても打たれる気がしました」

 この言葉通 り、柳澤は1番打者の金子に対して4打席連続でヒットを浴びる。しかも2打席目以降はすべてタイムリーヒット。6回裏に出た4安打目が呼び水となり、それ までヒットのなかった清宮、野村にも連続タイムリー二塁打が生まれた。清宮は試合後、金子について「キャプテンの力は本当にすごく頼もしく見えました」と 語っている。