2016.07.01

離島同士の初戦。八重商に阻まれた八重高の甲子園への挑戦は続く

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • スポルティーバ●写真 photo by Sportiva

 仲山は平良海馬に対してもストライクが入らない。3ボールノーストライクとなってしまったが、そこから仲山が粘り、4球続けてストライクゾーンへ投げ込む。平良もファウルで粘って、8球目――。

 キンッ!

 平良海馬のバットから金属音が轟いた。

 ライナー性の打球がライトスタンドに飛び込んで、八重商に3点が入る。先制のスリーランホームラン――ついに均衡が破れた。

 八重高のエース、仲山は言った。

「ずっと監督に1球の重みを感じて投げろと言われていたのに、甘いコースに行ってしまって……抜けてしまいました。あの1球だけは悔いが残ります」

 じつは5回を終えたとき、仲山は突然の鼻血を出して、不安を抱えたままマウンドへ上がっていた。春以降は足を痛めてずっと投げられず、試合勘も戻っていなかった。

 一方、八重商の伊志嶺監督はこう振り返る。

「前半、ヒットは出なかったけど、これはウチのペースだよと子どもたちに話していましたね。終盤の勝負になるよ、と……だから前半は耐えて、我慢しようと言いました。それにしても海馬のホームランにはビックリしたよ。よく飛んだね」

 その裏、八重高は2点を返したものの、同点のチャンスで1番の川満弟が放ったレフトへの打球を、ホームランを打ったレフトの平良海馬が好捕する。流れは八重商に傾いたままだ。八重高の仲里監督はこう言って悔やんだ。

「拓也(川満弟)は、1回のヒットでバッティングが大きくなってしまったなぁ……」

 この場面で八重高が追いつければ、まだ流れはどちらに転ぶかわからなかった。しかし追いつかれなかった八重商は、7回に1点、9回には打者一巡の猛攻を見せ、4点を追加。8-2とリードを広げた。