2016.03.26

大阪桐蔭、異次元の強さを支える「全国屈指の控え部員」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 守備力だけでなく、運動能力や野球センスの高さまで感じさせた森と大石だが、彼らは大阪桐蔭のスターティングメンバーではなかった。大阪桐蔭以外のチームならレギュラーを張れるであろう実力を持ちながら、控え選手に甘んじている3年生。彼らは心中どんな思いを抱きながらプレーしているのだろうか。

「バッティングより守備に自信があります。シートノックでは相手をどれだけ威圧できるかが大事だと思うので、『2番手でもこれだけうまいのか』と相手に思わせることを意識しています」

 9対0と土佐に圧勝した試合後、森はそう答えた。内野だけでなく、外野も守れるユーティリティープレーヤー。だが、打者としてのレベルが低いわけではない。土佐戦でも代打で出場し、ライト線にあわや長打というファウルのあと、二塁横への強烈な打球を放ち、内野安打で出塁している。

「甲子園のバッターボックスに入ってみて、独特な雰囲気を感じました。でも、思い切ったスイングができたと思います」

 大阪東淀川ボーイズ時代から名の知れた選手だった。中学2年時から1学年上のチームでレギュラーとして出場し、夏の全国大会優勝、タイガースカップ優勝を経験している。「レギュラーとして甲子園に出る」という目標を持って大阪桐蔭に入学した森を待っていたのは、想像以上にハイレベルな先輩たちの姿だった。

「入ってすぐ、3年生のスピード、パワーに圧倒されました。日本一になるような選手はこんなにも違うのかと思い知らされました」