2016.03.19

好投手が揃うセンバツ。大阪桐蔭、敦賀気比を止めるのはどこだ?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 また、龍谷大平安、秀岳館、高松商も虎視眈々と優勝を狙う。

 龍谷大平安は昨秋9試合で1失策と抜群の守備力を誇る。出場校中3位のチーム打率.378を誇る打線は近畿大会で2試合連続コールド勝ち。「打つだけなら(センバツ優勝の)一昨年にひけを取らない」と原田英彦監督も自信を持つ。エースの左腕・市岡奏馬(いちおか・そうま)がどこまで踏ん張れるかがポイントになる。

 秀岳館は高校野球の解説でおなじみだった鍛治舎巧監督が「3年で日本一」を公言し、今年は2年目にあたる。全国優勝した枚方ボーイズ監督時代の教え子7人をレギュラーに据える打線は、昨秋4本塁打の九鬼隆平を筆頭に破壊力満点。投手陣も最速142キロの有村大誠(ありむら・たいせい)、U-15日本代表の堀江航平ら4人を擁している。堀江は右肩の故障で昨年秋は投球を制限されていたが、この春、どこまで回復しているのか注目だ。正月も休みなく合宿を組むなど、万全の調整をしてセンバツを迎える。

 昨年秋の神宮大会で大阪桐蔭、敦賀気比を破って優勝した高松商も打線に力がある。50メートル5秒9で陸上のジュニアオリンピックにも出場した経験を持つ1番打者の安西翼を中心に盗塁、エンドランを積極的に仕掛けてくる。また、四国大会の準々決勝で満塁本塁打を放った4番の植田響介ら一発のある打者が並び、秋は12試合で10本塁打と長打力もあって得点パターンが豊富なのが強み。上位進出は投手陣の踏ん張りが絶対条件だ。