2016.01.07

レジェンド社会人・西郷泰之の伝言「死に物狂いで野球をやろう」

  • 中里浩章●文 text by Nakasato Hiroaki
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

―― 社会人野球をやっていて良かったなと思うことは何でしょうか。

「やはり自分のチームや会社だけでなく、いろいろな人と会えたことです。それは良かったと思うし、本当に恵まれていたなと。何かで迷ったときに誰かが必ず手を差し伸べてくれて、その繰り返しで僕は今まで野球を続けてこられたんです」

―― そうやって周りへの感謝を大きく感じるようになったのは、いつ頃のことですか。

「その想いは三菱川崎のときからありました。当時は試合に負けたら卵を投げられることもあったんですけど(笑)、勝ったら逆に『良かったなぁ』ってすごく喜んでくれましたから。そうやって応援してもらえるのも社会人野球の良さ。たとえば会社の上司が応援に来て、お酒を飲んで『アイツはオレの部下なんだよ』って言いながら盛り上がっているし、僕が守っているときにスタンドから『しっかりやれよぉ!』なんて声が飛んできたこともあります。身近に応援してくれる人がいるのって、やっぱりいいですね。それと、僕は都市対抗に魅了されて今まで野球をやってきたので、“社会人野球=都市対抗野球大会”だと思っています。とにかく最高の場面で、最高のプレーをみんなに見てもらえるという喜びしかなかったですね」

―― その舞台で補強選手としての出場も含め、6度も頂点に立ちました。

「目標を達成できたという喜びも大きいのですが、スタンドとグラウンドがひとつになってそれを味わえるというのは大きな魅力。また、1年ごとにメンバーが入れ替わるので同じチームで戦えるのは1年しかないんですが、だからこそ毎年違うカラーのチームが出来上がっていく。そうやって1年かけて作ってきたチーム同士のぶつかり合いっていうのが、本当に楽しいですね」