2015.09.07

【高校野球】U-18W杯で清宮幸太郎が初めて味わった「4番の重み」

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Nagase Yuya/PHOTO KISHIMOTO

 左膝の違和感を訴えて欠場した1試合を除き、清宮を4番で使い続けた西谷浩一監督(大阪桐蔭)は、清宮に対して今後の課題を与えた。

「彼と話していると、『自分のバッティングを』『自分の間合いで』という言葉が頻繁に出てくる。それを貫き通す部分も必要ですが、改善していくべき部分もあるのかなと思います。ただ、これからが楽しみな選手ですし、来年、再来年と、本当の意味でのジャパンの軸を打てるように。成長して再びジャパンに入って欲しいし、2年後の世界大会では今日の悔しさを晴らして欲しい」

 我を貫くことは大打者の必須条件だが、柔軟な考え方を持つ必要性も、西谷監督は説きたかったのかもしれない。

 ジャパンの4番は早実の怪物に戻り、来春のセンバツに向けすぐに秋季東京都大会が始まる。


高校野球 の記事一覧>

関連記事